--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.12.Sat

大きな地震


昨日の大きな地震。
思い出すだけで、ゾッとします。


私が住んでいる地域は、震度5強でした。

最初、軽い揺れがあって、
アレッ!?地震???
…って思ってたら、どんどん揺れが大きくなって。。。


仕事場のフロアーにある額縁や飾りものは大きく揺れ、
水槽の水は、大きな揺れとともにサブンッサブンッっと吹き出し、
棚から物が落ちたり、不安定なものが倒れてきたりしました。

壁には亀裂が入り、大きく揺れていました。
かろうじて立っていることはできたけれど、
かなり不安定で、歩くのがやっとでした。


仕事が終わってから、子供たちを保育園に迎えに行こうとしたけど、
電車は全線不通。道路は大渋滞。


余震が続く中、なんとか保育園に辿りついて、
保育園に行こうとすると、埋立地に建設された保育園の周りは、
液状化していて、あちこちから泥水が吹き出ているし、
水道管が破裂していて、水もあふれ出てる状態。

道には亀裂が入り、階段状になっていたり…。


そんな中、何とか家に辿りつき、家の中を見ると、
タンスの引き出しは、全部飛び出しているし、
物も、あちこちに散乱してました。


さいわい、食器棚などは無事だったので、
散らかっているけど、危険物は少なかったので、
すぐに家に入ることができました。


でも、もう遅い時間だったので、
家の中で一番家具の少ない部屋を選んで、
そこを寝室にして、万が一のために避難用具も準備して、
子供たちを寝かしつけ、テレビをつけたまま過ごしました。

夜中の1時過ぎだったけど、夫もなんとか帰宅できました。


そして、テレビに写る映像で初めて知った地震被害の実態。
絶え間なく続く余震を体に感じながら、
どうやったら、子供たちを守れるか必死に考えつつ、
落ち着かない夜を過ごしました。



まだ、こちらでは余震が続き、
小さい揺れだけど、頻繁に揺れを感じます。

今日になって、やっと電話も通じるようになり、
少しずつ身内の安否もわかりつつあります。



どうか、皆さんが無事でありますように。
そして、安全でありますように。


今回の地震で犠牲になられた方々のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。




以前、阪神淡路大震災で大きな被害を受けた親戚が、
今でも夜寝る時は、洋服を着て、枕元に靴を置いて寝ている。
…と言っていました。

本当に、大事なことだと身にしみてわかりました。



まだまだ、余震が続き安心できない状況が続くと思いますが、
もうこれ以上、犠牲者が出ないことを祈ります。




スポンサーサイト
Categorieその他
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。